ハニポッポ

オタクの月次報告会

保育園落ちた時の話

いつか書こう書こうと思っていた、保活に惨敗した時の話。そろそろ来年の申し込みの話もちらほら出てきて、そういえばまだ書いてなかったなと思い出したので書いてみようと思います。ちなみに、そんなに楽しい話ではありません。

希望していた保育園、全部落ちた

忘れもしない冬の日、2月。認可保育園の申し込みの結果は郵送で届きます。投函日は事前に明らかになっていたので、前日から落ち着かない様子で何度も何度もポストを覗きに行きました。

2017年4月に長女を出産して、保活を始めたのは17年の7月。首がすわったばかりの娘を抱えて、暑い中保育園の見学に何園も足を運びました。受かるかどうかは役所の人の采配だから、保育園の人に媚を売ったところであまり意味は無いのかもと思いながらも、挨拶は爽やかに、説明は熱心に聞いて、時には質問なんかもして、自己アピールをしました。就活か。

申し込みは初日の朝に駆け込んで、混み合う役所で2時間くらい待って手続きを済ませました。その際、担当の人が書類は揃っているか、不備は無いか確認してくれるのですが、その時も「よろしくお願いします!」と元気よくアピールをしました。就活か。

期待と不安が入り混じる中、2月某日の夕方。その知らせは分厚い封筒に入れられて我が家のポストの真ん中に鎮座していました。会社の先輩からの「封筒が分厚いと、保育園落ちてる可能性が高いんだよ」という何気無い雑談の中で言われた言葉を思い出しました。真冬なのに、どっと冷や汗が噴き出るような感覚は今でも覚えています。ひとまず封筒を抱えてそそくさと家の中へ戻りました。


開封の結果は、タイトルのとおり。不承諾通知と書かれた、要約すると「あなたのお子さんはすべての保育園に落ちて待機児童になりました」という内容。後頭部をガツンと殴られたような気持ちでした。何ならちょっと星が見えました。
まるで就活のような保活をしていたけれど、全然違った。自分の頑張りや人となりは全く関係なく、ただ点数だけで拒否されてしまった。そう思ったら、必死にアピールしまくっていた自分がただただ滑稽に思えました。

が。落ち込んでいる暇はありません。落ち込んでいたって子どもは泣くしお腹を空かせるし、構えとせがみます。マジで落ち込む隙も与えてくれません。とりあえず、冷静さを取り戻しつつ今後の進退を考えます。

 

意地でも復帰か、育休延長か


詳細は調べてもらえば分かると思うので省きますが、保育園(ここでいう保育園は認可保育園を指します)に落ちても、何とかして子どもを預けて働きに出ることができ…る可能性があります。それは月々10万円ほどのお金を払って、認可外保育園に預けることです。(※この金額は住んでいる市町村や環境によって異なります。あくまでうちの場合、です)

月々10万円。なかなか残業もできず、時短で働くことになるわたしのお給料の何パーセントを占めるのだろう。そのお金の分でもう少し娘との思い出を増やせるんじゃないか?いや、でもあんまり長く休むと会社に悪いし、みんなにも迷惑かな。いや、でもわたし1人居なくて回らなくなるようなチームじゃないし、まぁ迷惑は迷惑だろうけど、一番大事なのはわたしと娘の人生なのでは???
と、そんな考えが頭の中をぐるぐるし続けました。

ちなみに、市町村によっては認可外保育園に通わせて職場復帰すると点数が上がるという地獄のようなシステムがありますが、わたしが住んでいる地域では認可外保育園に預けて復帰する人も、育休を延長する人も同列に扱われるため同じ点数になります。「母親自身がどうしても早く職場復帰したい」「職場や家庭の事情でどうしても育休を延長できない」といった事情が無い限りは、できるだけ育休を延長することを推奨しているような雰囲気でした。

 

保活戦争は一時休戦、子どもと一緒にいることを選ぶ

結論から言うと、わたしは来年(2019年)の4月まで育休を延長することを決めました。

中途半端な気持ちで中途半端なことをするくらいなら、いっそきっぱり諦めて、もう1年間子どもに向き合おうと思ったのです。

幸い、職場はこと育児に関してはとても寛大で「保育園入れなかったなら会社辞めてください」ということはありません。お世話になっているチームのメンバーや関係者にも事情を話して平謝りしましたが、皆さん一様に「こちらのことは大丈夫だよ。今しかできない育児をゆっくり楽しんでね」「たまには息抜きに、子どもを連れて会社に来てね」と優しい言葉をかけてくれました。

前々から良い職場に恵まれたと思っていたけど、娘を妊娠・出産するにあたって「この職場めちゃめちゃ良い職場だな…」と改めて気がつくことができました。離れてみて気づくあなたの良さ。
本当に自分は周りの支えられて生きていることを痛感したし、わたしももっと誰かを支えられる人間になりたい…と思ったものです。これは自分自身、成長できた部分かなと思います。


働かざるをえない環境の人もたくさんいる中で、この選択肢は「何を呑気に」と反感を買うものかもしれない。そういう思いもありました。
でもこれはわたしと家族の大切な選択であり、それは誰に何を思われても譲れないものです。誰かに申し訳ないから働く、なんていうのもおかしな話ですからね。母親であるわたしが、自分の意思をしっかり持って戦わねばならないのだと保活を通じて思い知りました。
いや、その前に保育園に預けたい人が、必要のある人が、みな預けたい時にきちんと預けられる行政であれば一番良いのですが。それは今言ったところでどうにかなるものでもありませんからね…。

 

保育園落ちてから半年が過ぎて

2月に不承諾通知を受け取ってから、半年が過ぎました。正直、2月3月あたりは結構落ち込んだり、わたしより数ヶ月後に出産した同期の子が、保育園が無事に決まったから4月から復帰することが決まったと連絡をくれたりして、「わたしは本当にこれで良かったのだろうか」と自分の決断に気持ちがぐらついたりしていました。

ただ4月が過ぎて、新年度が始まって、周りがどんどん前に進んでいくムードを感じてからは後ろ向きな気持ちもだいぶ吹っ切れました。いつまでもウジウジ落ち込んだり、先の不安ばかりで前に進めずにいたら子どもに申し訳ない。来年は絶対何としてでも復帰する!そして今年1年は「わたしはやってやったぞ!!」って思えるくらい、めいっぱい育児をする!!そうやって自分を鼓舞して何とか前を向くことができました。


娘が1歳を過ぎて、歩き出したり、簡単な単語を喋り始めたり、滑って転んで口から流血したり、ゴミ箱を全部ひっくり返したり…成長するにつれて嬉しいことも、大変なこともどんどん増えてきました。
自由時間は減るのにストレスは増えるし、24h対応だし、正直に言えばかなり息が詰まることもあります。それでもこれがわたしの選んだ道であり、運命であり、後で「わたしにとっては、この選択が正しかった」と胸を張って言えるように、今は今を頑張るしかありません。


いや正直言うと、0歳児クラスでも当選倍率5倍とかなのに、1歳児クラスになると10倍とか15倍になったりするんですよ。狭き門すぎて今も結構不安と恐怖で慄いているんですが、そこはなんとかできる限りのことをして手を尽くしていこうと思います。とりあえず日頃の行いを見直して善行を積むか〜〜〜〜(既に邪念まみれ)

酷暑と育児の困った関係(1歳3ヶ月)

こんにちは!ぽっぽ先生です。

毎日酷い暑さですね。コンビニで買ったばかりのパピコが一瞬にしてカフェオレに変わり果てるほどマジカルな暑さに、周りのSUMMER大好きパリピ野郎たちも「さすがにこの暑さは愛せない」と辟易している様子。テレビでも、熱中症への注意を呼びかける声が絶えません。

実はわたしの母も、先日熱中症で倒れてしまいました。
幸い不調に気がついてからすぐに病院へ行って熱中症と脱水症状と診断され、点滴をしてもらい、経口補水液をこまめに飲んで涼しい部屋で休んでいたら、2日ほどで回復しました。その時たまたまわたしが実家に帰省しているタイミングだったので、買い物など少しは手伝えることがあって良かったです。
大きな病気をしたことがなく、いつも元気で健康な母が倒れたことで、わたしも「今年の夏は本当にヤバいんだな」と身をもって実感しました。

※ちなみに母が倒れた日は1度も外には出ておらず、家の中に居たにも関わらず熱中症になりました。ただし、実家ではクーラーをつける習慣があまりないため、扇風機のみで暑さを凌いでいたのと、家の中だからと水分補給を怠り気味だったのが原因かなと思います。


ついつい引きこもりがちになる

そんなことがありまして、ここ最近は意識的にフーさんを連れた外出を避けていました。

ベビーカーは地面との距離が近くかなり高温になるというし、歩かせるといっても(そういえば、フーさん歩けるようになりました!)まだよちよち歩きで転んでばかりなので、灼熱のアスファルトの上はとてもじゃないけど歩かせられません。

この間用事があって小一時間外出したのですが、子どもは新陳代謝が良いので汗の量が半端なく、前髪は常にびしょびしょで風呂上がりみたいな様子になってしまいました。かなり高頻度で水を飲ませたりしたのですが、もしも子どもが熱中症になったら…と思うと外出中も気が気ではありません。


最近は夕方涼しい時間に30分だけ散歩に行くとか、屋内で遊ばせられる施設に行くとか、あとはベランダでプールを出すとか、何とか手を替え品を替えて対応しているものの、正直1日家から出ずに終わる日も何日もありました。

去年の今ごろ(0歳3ヶ月くらい)だったら、まだ本人は寝返りもできないような時期だったし、暑い中無理して外出するくらいならお家でゆっくり過ごそ〜と思えたのですが、歩けるようになった今は自分で玄関まで歩いて靴を持ってきて「履かせろ!そして外に連れて行け!」というような催促をしてきます。(かわいい)

本当は外の空気を吸わせて、広い場所で思いっきり歩かせてあげたいのですが、なかなかそうもしてあげられないジレンマ。しかしずっと家に居るとこちらも遊びのネタが尽きるし、何より乳幼児と自宅でずっと2人きりでいるのは結構病む

いやね。わたしも1日中家にいるのは大得意なんです。ゲームしたり、アニメ見たり、ネットサーフィンしたり、ブログ書いたり。家でやりたいことを言い出したら枚挙にいとまがありません。
そんな自分だから、別に子どもと2人で家に居るのも苦にならないだろうな〜なんて思ってた過去の自分にメテオストライクをぶちかましてやりたい。何の迷いもなくXY↓↑のコマンドを入力してやりたい。(マッシュ)

今回は詳細を省きますが、ずーっと家で子どもと2人きりはマジで結構キツいです。近所に住んでるお母さんは、子どもとずっと家にいるのはそんなに苦じゃない〜と言っていたので、お母さんと子どもの性格によるところもあるかもしれません。

が、フーさんは今めちゃくちゃワンパクで、家に居ると棚クライミングを始めたり(将来は登山家かな?)おもちゃを全力で壁に向かって投げつけたり(将来はソフトボール選手かな?)猫の背中に乗ろうとしたり(将来はサーカス団かな?)とにかくはちゃめちゃにパワフルなのです。その様子はまるで封印から目覚めてしまった魔王が「ククク…力が有り余っておる」とか言って、小手調べに小さな村をひとつ破壊してしまうかのよう。
いや、かわいいんですけどね…かわいいんですよ…。

 

どうやって乗り越える?異常気象の夏の育児

外に出たいのに出られない、母親の件もあって万が一がちょっと怖い。
そんな今夏の異常な暑さに苦しめられている真っ最中なのですが、1人で落ち込んでいたって日本列島は涼しくなってくれません。

長時間炎天下のなかに居ない、水分補給はこまめに、など気をつけていれば防げる部分も多いと思うので、あまり怖がって外出を避けるのはやめようと思い始めました。一昨日くらいから。それで、じゃあどういう風に対処していくかというと、個人的には

①支援センター(児童館)に行く
②自宅でプール
③ディズニーシーのマーメイドラグーンに行く

が今のところ結構良い対処法なのかなと思っています。

①は言わずもがなですが、屋内で遊べる施設です。その施設に移動するまでが歩きのみなのでしんどくて敬遠しがちなところもあるのですが、着いたら着いたでフーさんも自由に遊びまわれるし、施設内は涼しいし、快適です。

②自宅でプールは、プールを洗ったり、お水を張ったりとちょっと手間はかかるものの、うちの娘は水遊び大好きなので1時間くらいはがっつり遊べます。小さなプールだけど体力消費するのか、夜もよく寝てくれる気がする。ただ準備と片付けとかがちょっと大変なので、そんなに頻繁にやる気にはなれない。いや、そこは頑張れよって感じなんですけどね。ケヘヘッ!

③これはだいぶイレギュラーなんですけど、マメラグがあって良かった〜!って話です。ディズニーリゾートの中で唯一(?)の完全屋内施設なのですが、施設自体が子ども向けに作られています。床も心なしかフカフカしているので、歩行初心者のフーさんを歩かせやすい。なんと靴を脱いで赤ちゃんを遊ばせられるマットスペースもあります。そして何より涼しい!!最近はパーク内もめちゃくちゃ暑いので、マーメイドラグーン内の床に座り込んで涼んでいる人も多数います。こればっかりは仕方ない。。
難点は、パークの入り口からマーメイドラグーンがちょっと遠いことですね。

 

おわりに

というわけで、まだまだ暑い日が続きますが、こればっかりはうまく付き合って乗り越えていかなければならないことなので、熱中症には気をつけつつ、暑さを怖がりすぎずに楽しんで育児をしていきたいなぁと思っています。

みなさんも熱中症にはほんっっとに気をつけてくださいね!

ほめて箱のお返事(8/2)

先日ほめて箱というものを登録してみました。

www.mottohomete.net

 

まずは、登録してすぐにたくさんほめていただいてありがとうございます!最近コスプレを含めてちょっと色々と気持ちがくすぶっていたので、とても励まされました。

ほめて箱は、Twitterと連携して使えるWEBアプリで、匿名で相手にメッセージを送れるサービスです。ひと昔前のWEB拍手みたいなものですね。

Twitterと連携しているので、当然お返事もTwitterベースが基本みたいなのですが、いただいたメッセージのお返事をずら〜っとTLに並べるのがちょっと苦手なので、昔ながらのWEB拍手方式でこちらでお返事をさせていただきます。

 

あみちゃんかわいい

ありがとねぇ!

ぽっぽ先生のコスプレ大好きです!

ありがとうございます!これからも好きなキャラを好きなだけコスプレしたいと思います!!

 

ぽっぽさん、笑顔が印象的で とても可愛いらしいです!!

ありがとうございます!笑顔を褒められるの、とっても嬉しいです!!

 

今日もちゃんと一日が過ぎましたね!えらいです!!

生きてるだけでほめてくれるなんて優しいですね。ありがとうございます!

 

最近、たまたまぽっぽ先生のブログを読んでぽっぽ先生の事を知りファンになり、フォローさせて頂きました! 
何気ない日常を面白く切り取られてて、とっても面白く一気に全部読んでしまいました笑 
またブログの更新楽しみにしてますね(о´∀`о)

ありがとうございます!わー、めちゃくちゃ嬉しいです!最近文章を書く頻度が落ちてきて腕が鈍っている感じがするので、いただいたお言葉を励みにもっと色々なことを書きたいと思います〜!

 

ROコス初期の頃から好きです。 
いまでも変わらず綺麗で素晴らしい!

先日、自分のROコス初期時代の写真を見て「ウワァ!」ってなりましたが、若さと勢いだけは今よりもずっとありましたね。ひとつのものにこだわりすぎず、年齢やその時の自分に合ったコスプレを続けていけたらいいなぁ、なんて思います。ありがとうございます!

 

愛してるぞ~~ 
愛してるぞ~!!!美人7割可愛い3割の黄金比率!最高です愛してます最推しです

うふふ、ありがとう❤️
お名前を書いて投稿してくれたけど、嬉しすぎてこのメッセージは独り占めしたいから、誰から来たのかはわたしだけの秘密にしちゃいます。ふふふ。わたしも愛してるよ〜!!!

 

可愛すぎてめまいがする

ありがとうございます!水分とってくださいね。

 

ホメマル良いよ 
ところでヴァジラちゃんタイミング逃したけど可愛かった!タイツ履いてるのがよくわかるような立ちの写真もください

ヴァジラちゃん、タイツのあたりが3次元でみるとなかなか卑猥というかなんというかで、立ち姿を載せる勇気がなかなかわかないんだよね…w
でも、素敵な写真をいろいろ撮ってもらったので、またレタッチして載せます!ありがとう〜!!

 

ぽぽたん本当に本当に大好き! 
永遠の憧れ!! 
色素薄めの金髪とピンク髪がこの世で一番似合うひとだとおもってる!!

わぁい!ピンク髪あんまりやる機会無いけどめっちゃ推されているな!?
憧れだなんて畏れ多いけど、とっても嬉しいです。まだまだがんばれそうです。ありがとうございます!!


フェイスがめっちゃタイプです!!!

ありがとうございます!!フェイスがタイプってほめ方、初めてされました。わたしもこれから使っていこう。

 

今回いただいたメッセージは以上です。
どうもありがとうございました〜。

7/18のはなし

f:id:hnpp:20180721014103j:image

f:id:hnpp:20180721014337j:image

 

北陸から遠征して来てくださったカメラマンさんと撮影に行ってきました。おみやげに食パンいただきました。ありがとうございます。

 

ハロカリはあさみしに衣装をお借りしました。撮影中にお腹まわりのボタンが弾け飛んで死にたくなりましたが、ダイエットに励む決意を新たにしました。もらった食パンは食べるけど。

 

ヴァジラは1ヶ月くらいかけてコツコツ作ったのですが、なかなか思うように衣装が形にならずかなり苦戦しましたが、なかなか良い感じに仕上がったのではないかと思います。ただ、衣装を頑張りすぎてウィッグやメイクが疎かになってしまい軽い事故を起こしたので、次回やる機会があったらその辺を改善できたらなあと思います。

 

コスプレって奥が深いですねぇ。

 

※下書きのまま公開するの忘れてて、タイミングずれ込みました

ディズニースィー

f:id:hnpp:20180705173850j:image

いろいろあって(?)ディズニーシーも年パス持ちになりました。

4月に人生初のディズニーランド単体年パスを買って、その時は全く根拠のない自信で「共通パス(ランドもシーも入れる年パス)あっても、そんなに行けないだろうし!」と単パスを購入しましたが、2ヶ月後「なぜあの時わたしは共通パスにしなかったのだ……」と後悔の念に苛まれました。

そんなわけで、かなり割高にはなってしまいましたが、旦那に相談し、両パーク年パスをゲット。自分への誕生日プレゼント&年内はグラブルのガチャぶん回し禁止というルールを自分に課しました。

例えどんなに魅力的な水着キャラが来ても!わたしは!!鋼の心で!!回さない!!!!

 

基本的にディズニーリゾートに行く時は娘(現在1歳2ヶ月)を連れてお散歩がメインなので、ランドとシーではそれぞれのメリット、デメリットがかなりはっきりと別れているなと感じています。まだ子連れシーは2回くらいしか行ってないのでもう少し研究が必要そうですが、そのうちそれぞれのパークのメリットとかも独自にまとめてみたいと思います!

 

これから夏イベ、ハロウィンと楽しいイベントが目白押しなので、購入したからにはTDRを全力で楽しむぞ〜〜!

 

f:id:hnpp:20180705183314j:image

ディズニーシーで七夕の短冊に書いたお願い事。クソ切実。

下手くそでも絵を描き続けていればよかったなぁ、と思う。

わたしは昔、絵を描くのが大好きな子どもでした。漫画を読むのもアニメを見るのも大好きだったので、好きなキャラを自由帳にたくさん描いたり、自分で考え出したオリジナルキャラや、時には漫画も描いたりしていました。

中学、高校になっても絵を描くことは好きで、時代の変化とともにパソコンで絵を描く方法を学び、バイトで貯めたお金でペンタブレットを買ったり、フリーソフトで色をつけたり、自分なりにお絵かきを楽しんでいました。

そんなわたしが、絵を描かなくなったことには明確な理由があります。それは、自分で開設したホームページに自作のイラストを載せていた頃の話です。

匿名で寄せられたメッセージに「そんな下手なイラストを載せて、よく恥ずかしくないな」と書かれていたのが原因でした。

いま思えば、全く気にするほどのことはない嫌がらせでした。でも、当時まだ10代で、今ほどネットが普及していなかった頃の時代。見ず知らずの人から向けられる「悪意」が怖くて、悲しくて、そして何より「自分は恥ずかしい行為をしていたんだ」と思ったら、情けなくて泣きたくなるような気持ちになり、その後逃げるようにHPを閉鎖しました。

 

それから10年以上経ったいま思うのは、たった一人の言葉で大好きだった趣味を捨ててしまったのはとても勿体無かったなということです。新しいジャンルにハマると、どうしてもオタクの血が騒ぎ、二次創作で自分なりの妄想や表現をしたくなるもの。幸い、わたしは20代になってからコスプレという新たな趣味に足を踏み入れたおかげで、お絵かき以外にも自己表現の場を得ることができました。でも、時々やっぱり絵だったり、時には漫画で自分の妄想を形にしたいなと思うことがあります。

今からでも遅くはない。好きなら描けばいいじゃないか。…その通りだと思います。

描くこと自体はできます。練習すれば上達もするでしょう。ただ、思春期に受けたダメージがトラウマになり、自分が真剣に描いた絵を人に見せるのが怖いのです。何度かまた絵を描こうと試みたのですが、昔ほど情熱を持って描けずに挫折してしまう…というのを繰り返しました。

誹謗中傷という点で言えば、コスプレの方がたくさんされたと思います。嫌がらせもまぁ、いろいろありました。でもコスプレは前述の通り開始時期が20代だったのでそこそこメンタルも強くなっていたこと、早い時期に信頼できる友人をたくさん作れたことなどがあり、貶されて悲しい気持ちは確かにあったけど、励ましてくれる友人や応援してくれる方のおかげで続けることができました。

いま現在に不満はないですが、時々「もしあの時めげずに好きなことを続けていたら、また違った未来が待っていたのかもしれない」と思うことがあります。でも、その未来を選び取れなかったのは、自分の弱さです。

 

だからこそ、大人になったいま伝えたいことがあります。

他人にバカにされたって、本当に好きなことは辞める必要は無いし、何も恥ずかしいことは無いんです。他人の好きなことを無責任に中傷する人の方が、よっぽど恥ずかしい人間だとわたしは思います。

10代のわたしはそんな風に思える余裕も無かったし、反論すらできずに泣き寝入りしてしまったけど、今もし悩んでる人がいたらどうか自分の好きなものに胸を張って生きて欲しいです。

だから、わたしは下手くそでも絵を描き続けて自己表現の方法を広げていたら、今もっと趣味を楽しめていただろうなあと残念に思います。なので、お絵かきが好きな人は、ぜひその趣味を大切にしてほしいのです。

描けない人からの切実なお願いでした!

雨の日ランド

この間、台風が来るという予報もあった大雨の日。

今日はめっちゃ空いてるかも!と思ってランドにインパしました。

f:id:hnpp:20180614225336j:image

こんなに人が少ないエントランスなかなか見られないかも〜。

抱っこ紐で抱っこした娘には防水のカッパみたいな羽織りを着せて、傘さして、わたしも長靴履いて完全防備で行ったので、雨自体はさほど気にならなかったです。

 

今年はランド開園35周年なため?か、5月はいつ行っても、何曜日に行っても常に混んでいて。でも今回はいつもの平日の3分の1くらいしか人が居なくて、普段はあんまり乗らないアトラクションなんかもいくつか乗りました。

スティッチエンカウンターが想像してたよりめちゃめちゃ楽しくて、3歳以上のお子さん連れだったら楽しめること間違いなしだと思います。シーのタートルトークに似てるけど、わたしはスティッチの方が好きかも〜。

久しぶりにジャングルクルーズ乗ったら少しリニューアルしてたり。全然知らなかった。

機動性はかなり落ちるけど、雨の日ランドはとにかく空いてて快適です。雨よりも人混みの方が苦手!という人には良さそうだけど、今回みたいにもしかしたら台風が来るかも?くらいの危うい予報じゃないと普通に混んでるのかな〜。検証も兼ねて、また雨の日に行ってみようかなーって思いました!

 

年パス買ってもうすぐ2ヶ月。まだまだ赤ちゃん連れの楽しみ方を追求していけそうなので、いつか記事にまとめられたらいいなぁと思ってます。