ハレナイ

病まない

腹ペコ1ヶ月健診

こんにちは!最近の一番の悩みは、新しく買った食器洗い用洗剤のにおいが臭すぎて毎回食器を洗うのが憂鬱なぽっぽです。

わたしは元々鼻がそんなにきく方では無いので、今まで生きてきて「このにおいは本当に無理だ」と感じたものは、高校時代に姉がつけていた香水のにおいと、今回の洗剤の2つだけです。なお、高校時代の香水の方はわたしが猛クレームをつけた結果、姉と殴り合いの喧嘩になりました。

レビューでは「匂いが良い」という意見もあり「マジかよ…」と思いつつも「人の香水のにおいですぐ気持ち悪くなる」という人の気持ちもよく分かりました。においばかりは好き嫌いが激しく分かれるので、過度に香水をつけるのはほんとNGですね…。

ちなみにその洗剤が気になる方は「洗剤 ザクロ」で検索してみてください。速攻見つかると思います。そもそも「ザクロ」って時点でだいぶ尖ってますけどね。(※我が家のその洗剤は夫が買ってきたものでした)


思わず記事の冒頭に書いてしまうほどの衝撃だったのですが、今回は1ヶ月健診のお話を書きますね。

 

1ヶ月健診は、退院から1ヶ月後に主に出産した病院で行われる検査です。退院後、赤ちゃんの体重が順調に増えてるかどうか、先天的な病気が無いか、普段の様子や困ったことが無いかの問診などをされます。母親の方も子宮の戻り具合や傷の回復状況などを診られます。

結論から言うと健診自体は子ども5分、母5分の計10分くらいでそれぞれ何の異常もなく終わったのですが、問題は待ち時間
健診は14時開始と言われていて、わたしたちは13時45分くらいに到着したのですが、待合室には既に1ヶ月健診待ちと思しき6〜7組の親子が待機していました。中にはフーさんと同日に産まれた子とそのお母さんたちの姿も。
どうやら同じ病院で同日&1〜2日違いで産まれた子の健診はまとめて行われるようです。まあ、大きな総合病院でもないし、病院側のコストを考えたら妥当なのですが。

もし女同士の集まりで約束時間の15分前に到着しようものなら「ごめん、お待たせ〜!」「ううん、気にしないで〜!」の「気にしないで〜!」側になること間違いなしなのですが、子どもを抱える親の立場になると15分前行動じゃ最後尾だということを学びました…。

そして事前に病院からの注意事項として「健診中ミルクの吐き戻しをしないように、授乳は13時までに済ませてください」と言われていました。それをクソ真面目に守って12時30分ごろまでには授乳を済ませたのですが、現在フーさんは2時間に1回お腹が減って泣くんですよね。

待つこと30分…ここまでは順調だったのですが、14時30分をこえた頃

フーさん「ふぇ…ふえ…(涙)」

腹ペコタイム突入!!


抱っこでウロウロしたり何とか宥めるも、15分程度が限界。「ごめんねぇ、終わったら好きなだけ飲んでいいからもうちょっと待ってねぇ…」とこちらも泣きたい気持ちで宥め続けるけど、フーさんの叫びは激しくなるばかり。

最終的にフーさんは虚空に向かって「チュチュチュチュチュ」と音を立てておっぱいを吸う素振りを見せるエア授乳を始めました。

f:id:hnpp:20170602101511p:plain


ごめんよ…無力な母を許しておくれ…。


そんなこんなでわたしたちの順番が回ってきて健診が終わったのが15時半ごろ。急いでお会計を済ませて、駐車場に停めた車内で授乳を済ませました。
ベテランママさんなら何てこと無いことなのかもしれませんが、ニュービーママには子どもが悲しそうに泣いてるだけでもプチパニック。産科だから赤ちゃんが泣いてても気にするような人はそんなにいない状況ですらかなり慌ててしまいました。

まあ、何はともあれ母子ともに相変わらず健康だったのが一番でした!子連れのお出かけは時間に余裕を持ちまくることが大事なんですね…。すごく学びになりました。。


次回はお宮参りの話を書きます。

 

広告を非表示にする