読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハレナイ

病まない

知人の経営する店が閉店した

こんにちは!マクドナルド総選挙ではダブルチーズ支持派のぽっぽです。

今日はタイトルの通りですが、知人の経営する店が閉店した話をします。正しくは「閉店するらしい」ということなのですが、話の文脈から大きくズレることでもないので分かりやすく表記させてもらいました。

「よっしゃ、2017年はブログを頑張って書くぜ!」と意気込んだ早々にあまり景気の良い題目ではないですが、ちょっと思うところがあったので書いてみます。

 

知人が経営するスペイン料理屋さん

店主の方は、同じ会社の人の旦那さんで、初めてお店に行ったきっかけは会社の飲み会でした。ちょうどわたしが結婚が決まったタイミングで、そのお店で会社の人たちからサプライズでお祝いのケーキを用意してもらったことを覚えています。出てくる料理は前菜から何から全てハズレなしの美味しさで、ワインも料理に合うものをおすすめしてくれたり、とにかくとても楽しくて美味しいお店だなというのが第一印象でした。

 

実は以前住んでいた家とそのお店が徒歩で行ける距離だったので、会社の飲み会以降も1〜2回足を運んだことがありました。その時も店主の方と雑談をしたり、美味しい料理をお酒をいただいたり、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

会社関係のつながりということもあり、店主の方とはFacebookで友達になりました。そんなに絡むわけではないけど、お店のFacebookページを購読したり、近況にいいね!を押したり。SNSではよくあるような距離の関係性でした。

 

会社もわたしも引っ越した

「またいつかあのお店に行きたいな」なんてFacebookの投稿を見かけるたびに思っていたのですが、ある時会社が移転し、今までは会社からそのお店の最寄駅まで電車で1本、だいたい10分程度で行けたのが、電車を乗り継いで30分程度かかるようになりました。そしてわたしも、以前はお店まで徒歩で歩いていける距離に住んでいたのですが、家の都合で引っ越しをして、かなり遠くなってしまいました。

行こうと思えば決して行けない距離ではないけど、なんとなく足が遠のいてしまう。まさにそんな感じでした。「遠くなって行きづらくなっちゃったけど、また行きたいな」そんな漠然とした気持ちを持ちつつ、それから2年弱経ちました。

 

「閉店します」の報告から

 で、先日Facebookで「閉店します」という報告があったんですね。ご本人は「前向きな決断」ということで多くは語っていなかったけど、そこに至るまでに色々な苦労や苦悩があったことが、数行にわたるメッセージから汲み取ることができました。


それを見たわたしは「え、残念だな…」「いつかまた行こうと思っていたのに」と思った、と同時に「いつかって、いつだったんだろう」と自分に問いました。「行きたい気持ちはあったんだけど…」というのは結局言い訳に過ぎず、結果だけみれば「足を運ばないまま閉店してしまった」という事実だけ。そこに深い理由も事情も無いけれど、応援したい気持ちはただの「気持ち」に留まって終わってしまったんだなと思いました。

「良い」と思うものにお金と労力を使うこと

わたしの友だちは、アイドル活動をしている子や創作活動をしている子など、多芸多才な人が多いです。そんな中である友だちが「(イベントなどに)行けないけど、応援してます、というメッセージはいらない」ということを言っていました。その子の発言の意図をわたしが代わりに書くと、齟齬が発生してしまいそうなので詳細は省きますが、すごくハッとさせられた気がしました。

応援するという気持ちはすごく大切です。大切ですが、その気持ちだけでは、特にそれを生業としている人は食べていけません。作ったものを購入する、イベントに足を運ぶ、今回の例で言えばお店に行ってご飯を食べるということをしなければ、それは本当の意味での応援にはならないんですよね。

 

もちろん「良い」と思わないものに無理にお金を払う必要は無いと思います。でも自分が「良い」と思ったものが、いつまでも勝手に存続し続けるとは限らないですよね。色々な事情があるとは思いますが、突然の引退、突然の閉店など、色々なことが起こり得ます。

ただ、その「もの」自体が存続していくことに、お金を支払ったり、足を運んだりする労力は、微々たるものでも応援に繋がるし、少しでも長く続ける力になるのではないかと思いました。

 

自戒を込めて

ちょうど最近、創作物に対して対価を支払う、支払わないなどの話題が上がって(炎上して?)いますが、わたしも全く別なところで似たようなことを考える切っ掛けができました。

みんなそれぞれ「応援」の仕方はあると思います。生活や家計がきびしくなるほど、お金をかけたり労力をかけることは、もちろんやめたほうがいいと思います。でも、できる範囲のことであったら、やっぱりお金や労力を使う価値ってあるんじゃないかなあと思いました。

 

後悔先に立たず。そんな言葉を、自戒を込めて最後に書かせていただきました。